品川区 東京都

五反田|年末、大混雑の中、仕事の合間にコシのあるお蕎麦を食べに定番のチェーン店、『ゆで太郎』へ・・・

更新日:

年末の大混雑時に、どうしてもそばが食べたい・・・ハズレ無しの蕎麦屋、ゆで太郎へ

さてさて、あたりはすっかり年末モード。きらびやかなイルミネーションに、クリスマス&年末商戦・・・街を行く人々の“ワクワク感”がまぶしいが、私にはまだ今年のうちにやらねばならぬ仕事が(涙)。

仕事をサクサク進めるためにも、ここは大好きなソバをスススッとすすって気合いを入れたい。バタバタと忙しい時間の合間にはやはり安くて、手軽にササっと食べられるそば屋がいい。

 

1.五反田TOCと蕎麦屋

この日の私は、朝から五反田TOCに仕事の関係で行ったので、地下1階にある飲食店街で昼食を食べることに。

五反田TOCは、もう、なんでもアリな施設。商業施設から、会議室、事務所。郵便局や診療所までは、なんとか理解できるとして、神社まであるから、「TOCはすごい」としか言いようがない。

私自身、会議室や、各種試験場として貸し出されるホールには苦い思い出があるとか、ないとか・・・う、ううぅ。

 

五反田TOCの地下1階にあるそば屋と言えば、五反田エリアに計5店舗も出店している、五反田の定番『ゆで太郎』。

食べログでのその評価は『3』と、ど真ん中、超平均なそば屋である。

しかし、これはあくまでも他人の評価!ソバ好きオヤジとしては、やはり、自分の目で、舌で、心で確かめねば!!!ということで、私は地下1階へ向かった。。。

 

2.そば屋『ゆで太郎』について

ともかく、ササっと昼食を済ませるために向かった、地下1階のそば屋『ゆで太郎』だったが、時は年末。店内はセールで大混雑。

ゆで太郎までの道のりが遠い・・・。

やっとの思いで飲食店街の『ゆで太郎』に到着。青地の看板に『江戸切りそば 自家製麺 ゆで太郎』の文字が浮かぶ。天井には、看板と同じく青地に、白抜きの文字で『ゆで太郎』のネオン。

柔らかい光は、蕎麦を求めるオヤジを優しく導いてくれるようだ・・・。

20160209_114834 (2)

『ゆで太郎』は関東近県を中心に全国に展開している蕎麦屋で、台湾にも一店舗ある。

安くて、立ち食い系そば屋では評判上々のそば屋『ゆで太郎』。その秘密は、店内に所狭しと書かれている、いわゆる『三たて』にあるのだろう。

『ゆで太郎』はチェーン店でありながら、毎日指定の製粉所で挽かれた蕎麦粉を店舗で製麺しているとの事。全国の独りそばフリークのみんなも、『三たて』は魅力的なはず。

 

『ゆで太郎』の運営は、『信越食品株式会社』と『株式会社ゆで太郎システム』で行っている。『信越食品株式会社』が元々の会社で、フランチャイズ展開をするにあたり設立されたのが、『株式会社ゆで太郎システム』らしい。

『ゆで太郎 五反田TOC店』は、『株式会社ゆで太郎システム』が運営する店舗のようだ。ちなみに、『五反田』という地名が付く、ゆで太郎店舗は全部で5店舗あるので、間違わないようにしないと・・・。

 

最後に、『ゆで太郎 五反田TOC店』は、朝8時~夜8時までの営業。さらに、年中無休だから、わざわざ定休日を調べなくても、食べたい時に気軽に行けるのがうれしい。

店の前には券売機が2台並んでいるので、忙しいビジネスマンにはうってつけ。

 

3.そば屋『ゆで太郎』のお蕎麦と天ぷら

食べログによると、先輩そば士達は「セットが安くてお得!」、「もりそばを食べた。」という結構意見が多かったので、さっそく、自分も外の自販機で冷たいそばの『天もり』を注文。

580円と激安!

あとは味が楽しみだ。と、店内に入ってびっくり。激混みだった・・・。ただでさえセールで混んでいるお店のお昼時。

さらに、立ち食いそば屋『ゆで太郎』の中でも、比較的多いと思われるテーブル席の多い造りも手伝ってか、ファミリー層の姿も。

このタイミングの混雑は、当たり前と言えば当たり前だが、独りで静かにソバをすすりたいオヤジとしては、ちょっと残念。今度は、お昼時を避けて来よう、うむ。

ゆで太郎 五反田 TOC 店内

お蕎麦はどうなのか・・・ 

さてさて、まずは席を探し、セルフのお冷を用意している間に、お蕎麦が出てきてしまった。時間にして、3分ちょっとくらいか。席に着く前に出てきちゃうほど早い。

そして、私は立ち食いゾーンで早速お蕎麦をすすることに、『うん、なかなかのコシだ。』

白くて極細の二八蕎麦は、シコシコで、食べ応えがあった。噛むことを楽しませてくれるおそば。見た目は更科系だが、実際は田舎蕎麦なのだろうか。

ただ、味は普通。濃いめのつゆで、パンチがある。普通というのが、一番難しいのだけど、この価格を考えれば合格。ゆで太郎にハズレなしと言っていいだろう。

ゆで太郎 五反田 TOC 天ぷら 蕎麦

てんぷらはどうなのか・・・ 

天ぷらは忙しいお昼でもカラッと揚がっている。疲れた胃が少々気になるオヤジだが、これぐらいなら、サクサクと軽くいただける。個人的にだが、おそばと天ぷらの組み合わせは、健康の面でもなかなかよいと思う。

まず、おそばから。

文部科学省が公開している『食品成分データベース』によると、おそばの100g当たりのカロリーは、132kcal。一食を160gとすると、211kcal。ご飯一杯140gが235kcalなので、おかずも併せて食べることを考えると、お蕎麦は低カロリーだといえそう。

次に、気になるセットの天ぷら。

天ぷらのカロリーは衣の厚さと、中の素材によるので正確にはわからないが、天もりの場合、300kcalくらいはありそう。

しかし、おそばだけでは足りなすぎる、というか、薬味のネギを除いてもはや摂取することができない野菜を、天ぷらはカバーすることができる。

だから、私は低カロリーのおそばと、野菜の栄養素を摂取できる天ぷらの組み合わせは、『お腹周りが気になり始めたが、きちんと栄養も摂りたい健康派オヤジ』にはいいと思う。

 

4.そば屋『ゆで太郎 五反田TOC店』の個人的なまとめ

そば屋『ゆで太郎』は、人の多い五反田TOCで、サクッと安くお蕎麦を食べたいオヤジ向け。

しかし、さすがにお昼時は混雑するので、おやじが独りでゆっくりお蕎麦を味わいたい時には、昼時以外しかおすすめしない。

ただ、立ち食い系、セルフ系のチェーン店、お蕎麦屋の中では、しっかりとコシのある打ちたてのお蕎麦を食べられるお蕎麦屋さんだと思う。

 

また、冬には『鍋焼きうどん』など、季節モノのキャンペーンメニューもあるので、年中、飽きずに楽しめる。

さらに、朝11時までなら、お手頃価格でお蕎麦をいただける。例えば、かき揚げと卵が乗った『朝そば』が330円・・・、安い。バタバタして朝食を抜いてしまった朝や、朝が早くて小腹がすいてしまった時にも、ビジネスマンが利用したい。

0 ユーザー (0 評価)
0
サービス0
雰囲気0
コストパフォーマンス0
立地0
口コミ一覧 この店舗の口コミを投稿する
ソート

この店舗の最初のレビューを残しませんか?

User Avatar
Verified
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
この店舗の口コミを投稿する

お使いのブラウザはこのアップローダーをサポートしていません。旧アップローダーをお試しください

-品川区, 東京都
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© Sobar.jp - 仕事帰りに一人、カウンターで食べたいおいしい蕎麦 , 2019 All Rights Reserved.