20160121_112255

本当に旨い店はどこだ?覆面レポート 東京都 渋谷区

幡ヶ谷駅|待ち合わせまでの時間に、幡ヶ谷駅ビル地下街の『割子そば 柚子の木』へ

更新日:

1.幡ヶ谷の穴場

駅に早く着いたのでささっと、軽めのお蕎麦を。

待ち合わせ、20分前に到着。ぼーっしててもしょうがないので、早速お蕎麦屋を検索。いつものように、幡ヶ谷と食べログでお蕎麦屋を探すと、駅ビル?地下街にお蕎麦屋さんが。しかも、いい感じにおしゃれなお店。店主は若い女性だとか。珍しいな。そして、どうもこの地下街、決して広くはないが、粒ぞろいの飲食店が並ぶ、穴場らしい。

迷っている場合じゃないので、サクッと目的の地下街へと向かう。

20160121_110953

2.『割子そば 柚子の木』について

幡ヶ谷駅南口。改札を出て左に曲がって歩くこと1分。右手に駅ビル発見。脇目も振らず、早速地下へ・・・

『幡ヶ谷ゴールデンセンター』。ゴールデンという名前とはほど遠い、ちょっと寂れた感満載の地下街だが、こういう所にこそ旨いお蕎麦屋があったりするから、そそられるんだよなぁ。

すると、さっき食べログで見た、いい感じにおしゃれなお店を発見。その名も『割子そば 柚子の木』。柚子は女性店主の名前から取ったらしい。入り口の脇は、いかにもおそば屋らしく、格子状の壁。その前には木製のベンチに円座。壁とベンチの間にある段ボールの山は少々いただけないが、これもご愛嬌か。

壁には写真付きメニューや、『新そば』の文字。お蕎麦屋の『新そば』は、決まって流れるような書体。業界でルールのあるのだろうかと思ってしまうほど、どこのおそば屋も似たような『新そば』の短冊を貼ってある。

20160121_111111

入り口を挟んで反対の壁の前には、写真付きの看板。それこそまさに、”看板メニュー”と言わんばかりに、『割子そば 三昧』の写真がデカデカと。それにしても旨そうだ。

三つの器には、それぞれ海老天やとろろや海鮮などが高々と盛られている。山の幸と海の幸を堪能できる贅沢。天ぷらがあるとはいえ、ローカロリーで栄養のバランスもよさそう。アラフォーオヤジにはもってこい。

入り口からのぞくと、天井から吊り下げられた小さなぼんぼりに静かに照らされた店内。なかなか雰囲気もいいじゃないか。早速、入ってみた。

想像通り、いや予想以上に雰囲気良し。店の名前でもある柚子の絵画は、親しみが湧くタッチ。他にもお花の写真を、下からダウンライトで照らしたりなんかして、このあたり店主の好みが垣間見える。テーブル席ばかり、最大でも20人ほどか。オヤジの独りそばにもぴったり。

おっと、ゆっくりしている暇はない。早いとこ、注文しないと。

3.『割子そば 柚子の木』のお蕎麦は

お店の前にかいてあった割子そば 三味をオーダー。

待っている間に改めてメニューを見てみると、定食やセットメニュー、おつまみなど、なかなか充実。お、お蕎麦に関する記述も。なになに、おソバは北海道幌加内産。石臼挽きソバと来た!

20160121_112255

そばつゆにもこだわりがあるようで、2年物のカツオ本枯節を使っているらしい。当然無添加。健康が気になるオヤジとしても、無添加はうれしいねぇ。

しかし待て。ゆっくりしている浸っている場合じゃなかった。待ち合わせが・・・。せいろ蕎麦と違い手間のかかるメニューであったため、残り15分ぐらいで焦る。。。なかなか出てこない。

と、残り10分を切ったところで出てきたので、早速食す。

むむむ、見た目はまずまずだが、二八と見られるお蕎麦が残念。。。これはあまりおいしくないお蕎麦。もうちょっと冷たく、細く、硬くが理想だが、個々のお蕎麦はモッサリした感じ。歯ごたえがない。見た目のボリューム感や色合いはなかなか良かっただけに、これはもったいない。やっぱりお蕎麦屋はおそばが美味くなくては。

20160121_11224520160121_112248

ちなみに、この『割子そば』とは、出雲そば(いずもそば)ともいうらしく、島根県の出雲地方で広く食べられてる郷土料理の蕎麦らしい。その中に、割子そばや釜揚げそば等があるみたい。

実は、この割子そばは三大そばの一つ(ちなみに、ほかの二つはわんこそば、戸隠そば)となっており、蕎麦粉を作る時に、ソバの実を皮ごと石臼で挽くため、そばの色は濃く黒く見え、香りが強いらしい。今回食べたのはちょっと違うような。。。

ただ、お蕎麦の中に入っていた刻んだミョウガはおいしかった。山椒でいただくおそばに匹敵する感動。。。

しかしまぁ、お蕎麦の栄養素は変わらない。穀物では唯一おそばにしか含まれないというルチンは、血管の弾力性を高めて、血液の流れをよくしてくれる。高血圧や動脈硬化の予防にはもってこい。

ルチンの凄いところは、これだけではない。予防だけではなくて、すでに弱ってしまった毛細血管を修復までしてくれるという。そのため、脳血管疾患の予防にもいいのだとか。体のことが本気で気になり始めたオヤジには、お蕎麦はこれ以上にない健康食なのである。

ちなみに、ルチンの摂取量の目安は1日30~50mg。お蕎麦100gに10~20mgのルチンが含まれると言われる。大抵のお蕎麦屋では1枚150g前後あることから、1枚食べれば、必要量は賄えそう。全国独りそばふりーくのみんなも、毎日お蕎麦で健康生活を。

4.『割子そば 柚子の木』の個人的なまとめ

幡ヶ谷駅南口から歩いて1分ほどの駅ビル地下街『幡ヶ谷ゴールデンセンター』。その一角にある『割子そば 柚子の木』。

廃れた地下街とは裏腹に、和モダンな雰囲気良しのお店。看板メニューと思われる『割子そば 三味』を注文。手間のかかるメニューであったため、なかなか出てこず焦る。残り10分を切ったところでようやく到着。
見た目はまずまずだが、お蕎麦が残念。。。これはあまりおいしくないお蕎麦。もうちょっと冷たく、細く、硬くが理想だが、個々のお蕎麦はモッサリした感じ。ただ、お蕎麦の中に入っていた刻んだミョウガはおいしかった。山椒でいただくおそばに匹敵する感動。

これでおそばが美味しければ。。。もう少し、おそばに力を入れてほしい。

0 ユーザー (0 評価)
0
サービス0
雰囲気0
コストパフォーマンス0
立地0
口コミ一覧 この店舗の口コミを投稿する
ソート

この店舗の最初のレビューを残しませんか?

User Avatar
Verified
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
この店舗の口コミを投稿する

お使いのブラウザはこのアップローダーをサポートしていません。旧アップローダーをお試しください

-本当に旨い店はどこだ?覆面レポート, 東京都, 渋谷区
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© Sobar.jp - 蕎麦、仕事帰りにちょっと寄る、カウンターで食べる健康食 , 2018 AllRights Reserved.