12493578_449762685227915_8964663450930735592_o

新宿区 本当に旨い店はどこだ?覆面レポート 東京都

東新宿駅|そば屋というよりはおしゃれなバーの出で立ち『そば寿 す奈ば』

更新日:

1.新宿に闘魂メニューあり!?

今日も、朝から東新宿のお客さんと適当な打ち合わせを行い、終わったと同時に御蕎麦屋へ。まったく、打ち合わせとお蕎麦、どっちが本職かわからない!

さてさて、新宿には芸能人プロデュースのお店も多い。例えば、『アントニオ猪木酒場』。誰がプロデュースしているかは、店名を見れば一目瞭然!お店の外装も内装もホームページも、 アントニオ猪木さんが全面に登場。店内は、猪木さんの現役時のグッズや写真、映像なんかがあって、ファンにはたまらない場所になっているとか。

ちなみにお店のメニューも『1,2,3サラダァーッ!!』や『闘魂〜辛辛鍋』など、これまたこだわりの?ラインナップ。気合を入れたい日にはいいかもしれない。まぁ、私はお蕎麦がいいけども。

11101840_449762615227922_2409152875748909111_o 12484841_449762708561246_5848296097368999458_o

2.『そば寿 す奈ば』について

東新宿駅A2出口から、歩いて3分。新宿七丁目。路地の真ん中あたりにある。あたりは比較的住宅地で、目的のソバ屋は溶け込み過ぎるほど、溶け込んでいた・・・入り口側は、木製の目隠しやベンチがあったり、店内から日本酒の瓶が覗いていたりして、辛うじてそば屋のそれらしいが。それでもちょっと意識していないと、通り過ぎてしまいそうなほど周囲に馴染んでいる。

通りから見えるような大きな看板を掲げることもなく、遠慮がちに玄関横の壁に、『そば寿 す奈ば』のプレート。店名がよくわからないが、『そばじゅ すなば』と読むらしい。ソバの三大系統『砂場』と掛けているのだろうか・・・

さて、入店すると、意外なほどおしゃれで驚いた。木製のテーブル、竹のすだれ、うぐいす色の壁など和をベースにしながら、黒いタイル張りの床、南国リゾートを思わせる椅子、足元や壁をフワっと照らし出す間接照明など、センスが光る。そば屋というよりはおしゃれなバーの出で立ちで、和モダンという言葉がよく似合う。こうして見ると一見、こだわりのなさそうな外観も、独特の世界観への誘いなのかもしれない。

座席は、テーブル席とカウンター席、小上がり席にそれぞれ8名ずつほど。カウンター席があるのは、独りソバ好きオヤジとしてはありがたい。『そば寿 す奈ば』の営業時間は、11時30分~15時と17時30分~22時。日曜日と祝日はお休みなので、全国独りそばふりーくのみんなも、来訪の際は注意されたい。

12471789_449762631894587_3652312339003863724_o

3.『そば寿 す奈ば』のお蕎麦は

私はスポットライトが当たるしゃれたカウンター席へ。メニュー自体、写真を撮り損ねたが、小ぶりの海苔せいろ二枚で800円を切っていた。そういえば、メニューに、北海道産の蕎麦粉をしていると書いていたような…そしてそば粉は、石臼で挽いているとか。

5分ほどしてお蕎麦が到着。きれいな細めの更科蕎麦に、太めの海苔がたっぷり乗っている。では、さっそく一口。うん、旨い。つるつるして、甘めの漬け汁がよく合うさっぱり系の御蕎麦。風味もある。のど越しにこだわって、1日に2回おそばを打っているだけあって、のど越しもよい。さらに、安定の機械式そば切りを行っているので、お蕎麦に統一感があってなお良し!重ねた二枚目の海苔がしなっていたのが残念だが、お蕎麦は美味しく、カウンターでゆっくりできる雰囲気からも、また来たくなる。

12465995_449762661894584_6162433597123792301_o

御蕎麦は栄養バランスが非常に良い食べ物として知られるが、ビタミンBも豊富に含まれている。ビタミンB1の効能は様々あるが、例えば最近疲れやすいと感じたら、実はビタミンB1が不足しているのかもしれない。疲労物質として有名な乳酸。乳酸が血液の流れに沿ってうまく流れずに体に溜まると、疲労を感じてしまう。さらにその状態が続くと、免疫力の低下を招き、体調不良の原因となるというから、侮れない。

しかしビタミンB1は、乳酸が体内に溜まらないようにしてくれる。つまり、ビタミンB1を摂取すると、免疫力がアップするということ。お蕎麦にはビタミンB1が、白米の4倍も含まれている。毎日の生活の中でおいしくおそばを食べて、疲れを吹き飛ばそう。

12493578_449762685227915_8964663450930735592_o

4.『そば寿 す奈ば』の個人的なまとめ

『そば寿 す奈ば』は、新宿七丁目にある、東新宿駅A2出口から、歩いて3分の御蕎麦屋。新宿という立地ではあるのもの、住宅が多いエリアで、外観は周囲に馴染み過ぎていて一見、お蕎麦屋と気づかない。しかし、店内は間接照明や椅子など随時所にこだわりが見られ、周りさえ気にならなければいい内装か。

肝心のおそばは。キンキンに冷えたきれいな更科蕎麦に、甘めの漬け汁がよく合うさっぱり系。北海道のそば粉を使い、つるつるしたお蕎麦。さらに、安定の機械式そば切りを行っているので、お蕎麦に統一感があってなお良し!場所柄ちょっと高いかもしれないが、おやじが独りで行っても、カウンターでゆっくりできるため、また来たくなるお店。

オヤジの独りそばのほか、デートや友人との会食にも◎。

 

0 ユーザー (0 評価)
0
サービス0
雰囲気0
コストパフォーマンス0
立地0
口コミ一覧 この店舗の口コミを投稿する
ソート

この店舗の最初のレビューを残しませんか?

User Avatar
Verified
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
この店舗の口コミを投稿する

お使いのブラウザはこのアップローダーをサポートしていません。旧アップローダーをお試しください

-新宿区, 本当に旨い店はどこだ?覆面レポート, 東京都
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© Sobar.jp - 蕎麦、仕事帰りにちょっと寄る、カウンターで食べる健康食 , 2018 AllRights Reserved.