12465869_446952292175621_586030545059188888_o

本当に旨い店はどこだ?覆面レポート 神奈川県 逗子市

逗子駅|ドドンと構える『石臼そば』

更新日:

12471657_446952215508962_1049731552253096658_o

1.新宿に海岸?

さてさて、せっかくやってきた逗子。もう一軒行ってみようということで、今度は逗子駅西口へ。

今回はお蕎麦がメインなので、行かないが、ここまで来たら、逗子海岸も行きたいところ。逗子海岸は、逗子市新宿という場所にあるため、別名『新宿海岸』なんて呼ばれることもあるらしい。東京の人間が聞くと、びっくりすること間違いなし。「新宿に、海岸!?」という勢い。夏は海水浴場や花火大会の会場として、にぎわうとか。

個人的には、11月に行われる武田流の流鏑馬が気になる。筋骨隆々の馬にまたがり、的を射抜きながら颯爽と走る。走る馬の上でバランスを取るのも大変なのに、弓を射抜くなんて・・・かつての武士は本当にこんな神業をやってのけていたのだろうか。だとしたら、中年太りなんて縁がなかっただろうな。

2.『石臼そば』について

JR逗子駅西口。山の根川の改札を出て左方向へ。歩行者道路が嫌に狭い道を抜けたところにあるのは、石臼にこだわる御蕎麦屋、その名も『石臼そば』。名前に、石臼へのこだわりがダイレクトに出過ぎている。逗子駅からわずか1分という立地ながら、周囲は哀愁漂う昔ながらの風情。

そこに、ドドンと構える『石臼そば』。本当に、ドドンという言葉が似あうほど、圧迫感のあるフォルムをしている。1階部分は、土気色のお蕎麦屋らしい外観だが、2階以上にあたる部分が、なぜかトタンぽいデザイン。おしゃれなのか、空調なのか、大きな穴が6つも空いていて、独特すぎる店構え。

入り口の左手には、写真入りの大きなメニューが掲げられ、下がる暖簾はグリーン。グリーンの暖簾とは珍しいな、と思っていたら、オーナーの母国はなんと、バングラデシュ。なるほど、バングラデシュカラーのグリーンか。それにしても、外国人で、石臼で挽くソバ屋をやるとは、相当なこだわりを感じられる。ちなみに、オーナーの名前は、M・R・K・チョードリーさん。母国を離れて、すでに20年らしい。

さて、バングラデシュカラーの暖簾をくぐり、入ってみると、店内はこぢんまりとしてて、おやじがゆっくりするにはちょうどいい感じ。こだわりの電動石臼はかなり大きい。年末だからか、お酒も続々と運ばれてきており、酒、つまみ、そして蕎麦と、ちょうど良いこぢんまり感。しかし、表のドドンな外観からは、予想外すぎるこぢんまり感。こぢんまりというか、もはや狭い。つまり、奥行きの少ない、薄いお店だった。座席数は19席。2階は座敷になっているらしい。営業時間は、11:00~22:00。

1293071_446952258842291_8324744821388898783_o

3.『石臼そば』のお蕎麦は

早速、メニューを見ると、オーソドックスにお蕎麦が一通り揃っている。そして、丼物にセットメニュー。さらに、お刺身や揚げ物、一品物も充実。きっと、居酒屋として訪れる人も少なくないだろう。

ここでは、食べログに色々と書き込みされている、バングラデシュ風の『カレー蕎麦』と『ざるそば』を頂く。三たてにこだわっているからか、少々待って、お蕎麦が到着。まずは、ざるそばから。手打ち感あふれるソバ麺は、コシがあって、口の中でふんわり香る。『あん彦』と比べて、細麺でいいが、個人的にはやや歯に付くぬちゃぬちゃ感があった。

次に、カレー蕎麦。これは急いで作ったのか、お蕎麦が固まっていて、正直自分には合わなかった。。。カレー自体はちょっと辛めで美味しいものの、お蕎麦が固まっていて、緩く、完食できなかった。書き込みにもあったが、水切りが悪いのか。。。ボリュームがあったせいかも。カレーが美味しかっただけに、残念。

ちなみに、『石臼そば』は、外一だとか。ソバ粉10に対して、つなぎが1。三たてにこだわっているが、なんか惜しい。

身体のことが気になり始めるアラフォー。お蕎麦に含まれるビタミンEには、抗酸化作用がある。つまり、老化防止。さらに、ビタミンEは、がんや心筋梗塞、脳血管疾患といった怖い生活習慣病を防ぐ働きがあると考えられているとか。さらに身近なところでいえば、頭痛や肩こりにもいいらしい。

ビタミンEは、お蕎麦100gあたり、0.2mg含まれているとされる。これは精白米の2倍に相当する。全国独りそばふりーくのみんなも、おそばでビタミンEを補給して、若々しくいこう。

12465869_446952292175621_586030545059188888_o

4.『石臼そば』の個人的なまとめ

『石臼そば』は、JR逗子駅西口から歩いて1分もかからないところにひっそりとある、バングラデシュから来たオーナーの、石臼にこだわる御蕎麦屋。間口の大きさのイメージで入店すると、すごく狭くて驚く。しかし、店内はこぢんまりとしてて、おやじがゆっくりするにはちょうどいい感じ。

バングラデシュ風の『カレー蕎麦』と『ざるそば』を頂く。ざるそばは、『あん彦』と比べて、細麺でいいが、個人的にはやや歯に付くぬちゃぬちゃ感があった。カレー蕎麦は、これは急いで作ったのか、お蕎麦が固まっていて、正直自分には合わなかった。。。カレー自体はちょっと辛めで美味しいものの、お蕎麦が固まっていて、緩く、完食できなかった。ボリュームがあったせいかも。どちらも、水切りが悪いのか・・・

いずれにしろ、お店の雰囲気はしっぽり感があっていいのに、もうちょっとお蕎麦を工夫すればいいおい店になるかも。西口は、あまり人が来ないので、そんな中でも生き残っていくためには、オーナーのさらなる努力が必要か。

12491921_446952338842283_34671040908737092_o

0 ユーザー (0 評価)
0
サービス0
雰囲気0
コストパフォーマンス0
立地0
口コミ一覧 この店舗の口コミを投稿する
ソート

この店舗の最初のレビューを残しませんか?

User Avatar
Verified
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
この店舗の口コミを投稿する

お使いのブラウザはこのアップローダーをサポートしていません。旧アップローダーをお試しください

-本当に旨い店はどこだ?覆面レポート, 神奈川県, 逗子市
-, , ,

Copyright© Sobar.jp - 蕎麦、仕事帰りにちょっと寄る、カウンターで食べる健康食 , 2019 AllRights Reserved.