そば 有楽町 うどん

千代田区 東京都

有楽町駅|サクッと済ませたい平日の忙しいお昼に、有楽町ガード下のそば・うどん屋『はないち』へ

更新日:

有楽町のガード下、そりゃないよ。。。場所柄外国の方もたくさんもいた。

ただ、お蕎麦は緩くボソボソ、残念。。。値段が値段だから仕方ないけど、外国の方も来るならもうちょっとおいしいお蕎麦にした方が。。。

平日のお昼など、打ち合わせで忙しい時に!

 

1.有楽町のガード下は魅力的な飲食店がいっぱい

ガード下には、魅力的な飲食店がいっぱい。ガード下には住みにくいから、自然と飲食店が集まるのかも・・・。

有楽町のガード下も、例外なく飲食の激戦区で、、、有楽町のガード下は、多国籍な飲食店が立ち並ぶ。例えば、『バーデンバーデン』は、ドイツの生ビールや料理を楽しめるお店として有名。他にも、イタリアンの『トラットリア・チャオ』、タイ料理の『あろいなたべた』、韓国料理の『韓豚屋』など、もはや海外旅行を諦めたくなるレベル。。。

 

もちろん、日本のうどんやお蕎麦もあるわけで。今回は、『はないち』に行ってみることに。食べログでは『3.19』の評価だが、果たして??

はないち そば 有楽町

2.『はないち』について

『はないち』は、有楽町駅の銀座口を出て歩くこと、わずか30秒ほど。場所柄、外人さんも多いガード下にある。なお、お隣にも同じ『はないち』という見た目そっくりな居酒屋があるので、全国独りそばふりーくのみんなは、お間違いなきよう。

食べログへの口コミによると、2011年ごろまでは、『はないち』ではなく『天久利』というお蕎麦屋だったとか。『天久利』の有楽町店は、今は別の場所にあるので、『はないち』はおそらく、全く別のお店なのであろう。隣の居酒屋がやってるのかも?ちがうか。

 

『はないち』の外観は、いかにも立ち食い系な。

通りからでもはっきりとわかる大きめの垂れ幕に、カラー写真でメニューが載っている。ガラスには、『テイクアウト』の張り紙も。上を見上げれば、『そば』『うどん』『天丼』と『天ぷら』看板。「ちゃちゃっと、お安く、ガッツリ食べられますよ!」な雰囲気。

入り口の前には、タッチパネル式の券売機。慣れないオヤジは、アタフタしてしまいそうな。。。もちろん、私は慣れた手つきを装って、『ざるそば』を注文。

そして、『はないち』の店内へ。なるほど、券売機がお店の外にある理由がわかる。狭い。。。

カウンターの8席は、お昼時にはあっという間に埋まってしまうらしい。オヤジの独りそば向けではあるが・・・、混雑時は、外に行列がデフォルトらしい。調理場もこれまた狭く、店員さんが忙しそうに動き回っている。

 

席に着くと、年季の入った説明書き。

品書き 有楽町 そば

「注文後に天ぷらを揚げるので、時間がかかる」旨と、「食後の食器をカウンター上に返却してほしい」旨。

説明書きを読み終わるか、読み終わらないかのところで、お蕎麦が到着。このスピード感も駅そばらしい。

ざるそば もりそば 有楽町

 

3.『はないち』のおそばは

一枚のざるの上に、お蕎麦とわさび、ネギが。回転率のよさからか、わさびもネギも瑞々しい感じではある。おそばは黒いツブツブが見える田舎蕎麦。量は少なめか。

海苔はしっかりかかっている。私は黒く光る海苔の上に、真っ赤な一味を振りかける。お蕎麦と、海苔と、一味のコントラストは、いつ見てもいい。

そば ざる もり

 

そしてお蕎麦を実食!ううん??、、、そりゃないよ。

お蕎麦は緩くボソボソ、残念。。。コシよ、どこにいった。しかし、値段が値段だから仕方ない。良くも悪くも、駅そばといったところか。

 

昔からダイエットを兼ねて、楽しんでいるそば道中だが、お蕎麦にはビタミンB群が豊富に含まれている。

女性に比べて、男性はあまりビタミンのことを気にしないが、オヤジこそ、ビタミンは摂取したい。

というのも、ビタミンB1が不足すると、疲れやすくなるから。

ビタミンB1は、糖質を分解する。しかし、ビタミンB1が不足すると、糖質がうまく分解できずに、乳酸などの疲労物質が溜まってしまう。

疲れやすいで済めばまだいい話で、場合によっては動悸や手足のしびれの原因になるというから、結構怖い。。。

 

そして、ビタミンB1がお蕎麦にどれくらい含まれているかと言うと。

平成17年に文部科学省科学技術学術審議会が発表した、『五訂増補日本食品標準成分表』によると、100gあたり0.46mgとなっている。これは、精白米0.08mgのおよそ6倍、小麦粉0.12mgの約4倍にも匹敵する。

 

しかも、ビタミンB1は、今のところ毒性は確認されておらず、仮に摂取しすぎたとしても体外に排出される。つまり、ビタミンB1の摂取に限って言えば、お蕎麦はいくらでも食べて良し!というわけ。

最近、疲れやすいなと思ったら、おソバを食べてみるのもいいかもしれない。

 

4.『はないち』の個人的なまとめ

『はないち』は、有楽町のガード下の、お蕎麦あり、うどんあり、天丼、天ぷらありのお店。

お蕎麦に関しては、そりゃないよ。。。緩くボソボソで、残念。ある意味、駅そばらしいと言えば、駅そばらしく、値段が値段だから仕方ない。

 

ただ、オヤジが独りで入るにはいい。回転が早いので、平日のお昼など、打ち合わせで忙しい時に!!

0 ユーザー (0 評価)
0
サービス0
雰囲気0
コストパフォーマンス0
立地0
口コミ一覧 この店舗の口コミを投稿する
ソート

この店舗の最初のレビューを残しませんか?

User Avatar
Verified
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
この店舗の口コミを投稿する

お使いのブラウザはこのアップローダーをサポートしていません。旧アップローダーをお試しください

-千代田区, 東京都
-, , , ,

Copyright© Sobar.jp - 蕎麦、仕事帰りにちょっと寄る、カウンターで食べる健康食 , 2018 AllRights Reserved.