1-1

お蕎麦豆知識

秋の蕎麦の楽しみ方〜新蕎麦と変わり蕎麦の刹那〜

更新日:

蕎麦好きにとって秋は特別な季節。そう、新蕎麦が出回る季節だから。あの美しい緑、フワッと鼻をつき抜ける蕎麦の香り。一年のうちのほんの2、3ヶ月だけのお楽しみ。その刹那こそが粋なのだ。また、秋の変わり蕎麦も楽しみの一つ。新蕎麦と秋の変わり蕎麦を堪能したい。

1 秋の新蕎麦『秋新』がもてはやされる理由

秋の新蕎麦を『秋新』と言う。と言うのも、夏に出る新蕎麦、通称『夏新』もあるからである。さらに最近では春〜初夏にかけて収穫する蕎麦も出てきているらしい。

つまり、冬以外には新蕎麦が出てくることになる。それなのに秋新がもてはやされる理由。一般論ではあるが、秋新がもっとも見た目、香り、味が良いとされているから。

蕎麦は収穫前の時期に、昼夜の寒暖差が大きいほど良いものが出来ると言われている。しかも昼間も高温になり過ぎない方が良い。この条件は、長野や北海道など蕎麦の産地との合致する。そして最も条件を満たすのが秋口。だから秋新が重宝されるのである。

2 秋に食べたい変わり蕎麦6選

蕎麦が旨い秋に、秋の味覚を加えた変わり蕎麦。目で楽しみ、香りで楽しみ、味も楽しめる秋の変わり蕎麦を6つ紹介する。

2-1 菊切り蕎麦

菊花展など秋の風物詩、菊。東北地方では食べる機会も多いと言う。食用菊を刻んで蕎麦に混ぜたものが菊切り蕎麦。淡い黄色がとても美しい。

菊切り蕎麦
参照:https://takefuku.exblog.jp/18622685/

また、陰暦9月9日は重陽の節句もしくは菊の節句と呼ばれる日。この日には、菊の花びらを浮かべた酒を飲んで長寿や運気上昇を祈ったと言う。日本文化を感じる意味でも、菊切り蕎麦はおすすめである。

2-2 わさび切り蕎麦

本わさびは真冬以外、年中収穫できるもの。しかし、寒さが増す秋から冬にかけては一層辛味が強くなる。つまり、秋〜冬にかけてが旬のわさびを打ち込んだものをわさび切り蕎麦という。ただし冒頭述べたように年中収穫できるため、秋以外に提供している蕎麦屋もある。

わさび切り蕎麦
参照:https://miyori.jp/archives/1325

2-3 芋切り蕎麦

秋のイベントの一つ、芋掘り。数は多くはないものの、芋を混ぜた蕎麦を提供する蕎麦屋がある。芋は水分が多いので、そば打ちも相当な技術が必要だろう。

芋切り蕎麦
参照:https://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/100326/

2-4 ゴマ切り蕎麦

今や年中食べられて季節感に乏しいゴマも、実は秋が旬。蕎麦の薬味にも使われるゴマだから、当然蕎麦との相性も抜群。香りを楽しみたい。

ゴマ切り蕎麦
参照:http://gontaro.co.jp/shop/noodle/231.html

2-5 ウコン切り蕎麦

独特の香りと黄味が美しいウコン切り蕎麦。胃腸にも優しそうだ。

ウコン切り蕎麦
参照:http://kandatasoba.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_e045.html

2-6 クコの実切り蕎麦

スーパーフードとして、近年注目を浴びているクコの実。またの名をゴジベリーと言う。杏仁豆腐に乗っている、あの乾燥した赤い実と言われたら、ピンとくる人も多いのではないだろうか。中国では『不死の実』とも言われ、漢方にも使われている。淡いピンクが美しい、クコの実切り蕎麦。※写真は茹で上がりの色。

クコの実切り蕎麦
参照:http://kandatasoba.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-8aca.html

まとめ

悩ましいほどに魅力的な新蕎麦と、秋の変わり蕎麦。しかし、四季の移ろいを楽しめるのもまた、蕎麦の良いところではないだろうか。

0 ユーザー (0 評価)
0
サービス0
雰囲気0
コストパフォーマンス0
立地0
口コミ一覧 この店舗の口コミを投稿する
ソート

この店舗の最初のレビューを残しませんか?

User Avatar
Verified
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

もっと表示する
{{ pageNumber+1 }}
この店舗の口コミを投稿する

お使いのブラウザはこのアップローダーをサポートしていません。旧アップローダーをお試しください

-お蕎麦豆知識
-

Copyright© Sobar.jp - 蕎麦、仕事帰りにちょっと寄る、カウンターで食べる健康食 , 2018 AllRights Reserved.